HOME   BLOG SHOPPING" LESSON&EVENT LIFE STYLE LINK back

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< どうかご協力を | main | やっぱり >>
なくなってほしいこと



毎日、たくさんの子たちが殺処分されているということ、

今の私にはどうすることも出来ないのだけれど、、、どうしても気にかかることのひとつ。

新しく家族を迎えようとする方が、ひとりでも処分される子を迎えてくれるますように、、

ペットショップでの生体販売もなくなりますように、、

現状を知れば知るほど、そんなふうに思う。

色々なところで色々な方が保護活動をされていることには、本当に頭が下がる。

こちらも、そんな方の一人。

1月26日、水曜日殺処分予定の犬猫の新しい飼い主さん、保護主さんを緊急募集されています。

今は、寄付することくらいしか出来ないけれど、

子供の手がもう少し離れたら、もっと何か出来ることをしたい。

名もなきペットたち:「殺処分」ガス室の犬

こんなことは、一日もはやく

なくなれ

なくなれ!







| *想い | 02:27 | comments(2) | - |
コメント
ホントにねぇ〜・・・。
こんなニュースとか見るたびに悲しくなる。
せっかく迎えた家族を、どうしてこんな風に
突き放すんだろう。だったら最初からその気にならなければ
いいのにね。何も知らずに生まれてきて
何も知らずに死んでいくたくさんの子たちが、
本当に、本当に1匹でも少なくなるように、
私も今はただ祈るのみ。
| noahmama | 2011/01/26 9:37 PM |
noahmamaさま

こんばんは!
ほんとに、簡単に手放す飼い主がいる事に怒りさえ覚えます。
自分もそんな目にあったら嫌なはずなのに。
毎日毎日たくさんのペットが殺処分されている世の中なんて、絶対おかしいですよね。
何の罪もないのに、、
ガスで苦しんで苦しんで、、

それと、フエルトの生地を買ってはあるのですが、まだ手つかずで、、、遅くてすみません〜 上手くできるかな、、、
また連絡します〜
| saorin | 2011/01/27 12:48 AM |
コメントする