HOME   BLOG SHOPPING" LESSON&EVENT LIFE STYLE LINK back

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 宝 | main | はじまり >>
東北地方太平洋沖地震


はじめに、

地震によって、大きな被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。

あの日から、あっという間に10日が過ぎ

でも、色々な事を考えた10日間。

地震があった日は、私の誕生日でした。

一生忘れられない誕生日となりました。

その日、

地域の、大地震ですというアナウンスとサイレンが鳴って、すぐに子供達を抱えた。

そして、大きな揺れに怖くなり家の外に。

怖かったのか、かわいそうに、ハルはあごをガクガクと震わせていた。

家は海のそばなので、津波が怖くなって、

知り合い宅に一晩避難、余震が続いて一睡も出来ず、

テレビで見る映像には言葉が出なかった。

毎日の余震に落ち着かない日々、

放射能の事も怖くて、祖父母のいる鹿児島への避難も考えたけれど、

やはりやめることにした。

私たち国民を守るため、

原子炉付近で命がけで作業している何十人もの人たちの事を知り、

そのコメントに涙がでた。

怖い放射能、怖い怖いとみんな逃げるけれど、

そのこわいものを作っているのは電気を使って暮らしている私たち

停電になって、電気の有り難さ、無駄使いをしていたことに気づく

そして、電気が無くては生活できないのだと痛感する

今日かけた掃除機だって、大切な人と連絡をとり合う携帯だって、

この地震の状況を詳しく知ることができたテレビだって、

こうやって今向かっているパソコンだって。

悔しいくらいに、電気のある生活

電気を使い続ける限り、その 怖いもの は増え続けていく。

いっそ全てが風力発電になればいいと思うけれど

この国の電気をまかなう程の電力を作るには、気が遠くなるほどの本数がいる?どのくらいはてしなく広大な丘が必要なのか、日本では無理なのか?海だったら?錆びる?

それなら、風力発電、原子力発電、水力発電、火力発電など

電力会社を私たちが選べたらいいのに とか

色々な事を勝手に考えてみる。

そんなふうになったなら、迷わず風力発電を選ぶけれど、

とにかく、今からできることは、暮らしを見つめ直し

今まであたりまえのように使っていた電気を、少し減らしていくところから始めてみようと思う。

人間は、欲深くなりすぎたのかもしれない

何もかもが豊になりすぎてしまったのかもしれない

でも、それは、ほんとうに豊かなのか

豊かさとひきかえに、何かを 無くしていないかな


停電なんて、

一瞬にして家族や家を失った方々の辛さを考えると、なんてことないです、

買いだめもしません



地震の一週間後、篠先生が皆で遊びましょう、 とお声をかけてくださって、大きな公園に子供たちとお母さんたちが集まり、

大人も子供も一緒になって、背中相撲や手つなぎ鬼、最後は、みんなで輪になって見えないボールで遊びました。

寒い日だったけれど、寒さなんてなんのその

子供たちは体いっぱいの笑顔で遊んでいて、遊び道具何一つ無くてもほんとに楽しそうでした。

物がある豊かさでも便利さでもない

そこには、大切なものがたくさんありました。



被災者の方々にあたたかい手が差し伸べられているのを知ると

こちらまで温かい気持ちになって、私もできることを何かしようという気持ちになります。

人と人が、手と手が、心と心が

つながるって素晴らしい、思いやりってあたたかい、

一番大切なこと、

人間にとって一番必要なこと、

こういう豊かさに溢れる世の中になったら、なんて幸せなことでしょうか。



震災で、色々な事を考えたり、気づいたり。

今まで通りに戻る前に

いきすぎた欲を少し洗い流す事ができたなら

大切なものに目を向けることができたなら

本当に豊かな世の中に近づけるのかもしれない。




今は、とにかく

被害にあわれた方々の涙が笑顔になる日が一日でも早くおとづれるよう祈ります。

私には、少しの寄付しかできないけれど、、、

赤ちゃん用品や石けんなども送ろう。

ここで私ができることを探そう。



| *想い | 00:04 | comments(8) | - |
コメント
わたしも全く同じ思いです。仕事場が少々寒くても、コンビニがまぶし過ぎなくても、自動ドアが手動でも、構わない。自分の口に入る毒のことだけ考えて、海や空や地中に拡散されて残る毒全部に心を回せる人でありたい。
| 徐まゆみ | 2011/03/24 11:52 AM |
まゆみさん、

そちらは、大丈夫でしたか?
都内の水道水のこと、昨日知りましたが、、
お水が売り切れているそうですね。
なんだか、すごい事がおこってしまって、時々、夢だったりして、って思うけど、現実なんですね。
色々な記事を読むたびに、胸にぐっときて、、すごく複雑な気持ちになります。

被災者の方々も頑張っている!
しっかり考えて変わっていかなければなりませんね、私たちも。


| saorin | 2011/03/25 11:34 AM |
いつの間にか冬もアイスが食べれるようになったり、夏のオフィスで冷えた体に便座が暖かくてホッとしたり、昔はシンプルだったガス器具も電話機も今では停電だと使えない。小さい頃は過ごせたエアコンのない夏も、建物の作りやアスファルトのお陰で今では乗り切ることは出来ない。こうなることは分かっていたのに、目を背けていた私も確実に地球と未来に対する犯罪者だと思う。人間が自然を破壊しつくすのも自然現象だとも思うけど、その途中に生きた者として、自然界の中の細胞の一粒として、少なくとも逃げ出したり、自分の分の水を買い占めたりする側ではなく、最後まで自浄作用を働かす細胞でありたいと思う。まず始めに、今まで人前であまり言えなかった言葉、「原発反対!」とこれからははっきり言う。
| 徐まゆみ | 2011/03/28 9:42 PM |
まゆみさん、

そうですよね、
私もその一人です、、
私も、原発反対。
私に出来ることは何だろう、、
と考えたり、
子供を守るためには?と考えたり、
今は頭の中がぐるぐるしています、、
| saorin | 2011/04/01 3:30 AM |
時々拝見させていただいております。ハルクンと娘がちょうど同じくらいなので微笑ましく拝見していました。

放射線、子供に与える影響は計り知れないかもしれません。
放射線被爆から逃げるのではなく、私達には子供を守る義務があります。被害者を増やさない為にも私は非難させてあげたいと考えます。
不安を抱えて過ごす1日より、もっと前むきに色々な事を考えられると信じて。

もっと過酷な状況の人はたくさんいる。私達にできることはたくさんある。目の前の大切な我が子を守れなくて人を助ける事はできないと思う。
| 祈り | 2011/04/02 7:38 AM |
祈りさん、

こんばんは。
お子さん、家と同じくらいなのですね、
子供がいると本当に心配ですよね。
チェルノブイリの事故の時も子供たちの甲状腺ガンがたくさん、、、
目に見えないだけに、本当に怖い。
色々な情報に頭がぐるぐるしてきますが、その中で自分が冷静に判断しなければと思いつつ過ごしています。
が、不安な気持ちはやはりなくなっていきませんね。
避難のことは、いつも頭にありますが、
今はここで過ごします。
子供を持つ友人たちも私も、子供を守るために一生懸命。
それぞれ、自分なりに真剣に考えていて、みんな我が子を守りたい気持ちは同じなのだなぁと痛感します。
冷静に情報・知識を収集し、自分の納得のいける行動を決めるのが大切だと思います。
もちろん、一番身近な人を大切にできてこそ、まわりの人も大切にできるのだと思っています。





| saorin | 2011/04/04 1:23 AM |
はじめまして。
素敵なブログ・お店・本。
浅野さんに大変いやされました。

私は、被災地に住んでいます。
将来、こんな事をやってみたい・・・と勉強していた
アロマ・ハーブ・石鹸作り。
震災ショックから立ち直れずにいましたが、
こんな時だからこそ、何か自分に出来る事をとおもいました。
親戚や同級生を津波で亡くしました。
神様に生かされた自分。
日常が、こんなにも変わるって事があるんだろうか・・・と感じた時、今を精いっぱい生きよう、やり尽くそうと思ったら、少しずつ前を向けるように
なりました。

今回の震災は、被災地のみならず、皆が被災者だと
感じます。その中で、浅野さんは素晴らしい
と思います。未来は自分たちの手で守らなければいけませんね。

私も、頑張ります。
また、コメントさせて下さい。

| 445on | 2011/06/20 10:12 PM |
445onさん、

こんにちは。
はじめまして。
メッセージ、ありがとうございました。
被災地のことは、間接的にしか知ることが出来ませんが、皆さん、本当に大変な思いをされているのですよね、
一瞬にして、こんな風になってしまい、、
でもあの頃にはもう戻れない、、、
突然、色々なことが起こり過ぎましたよね、ショックと不安で、心と頭の整理に随分時間がかかりました。
最近やっと、気持ちが少し落ち着いて来た感じです。
明日、私もこの世からいなくなるかもしれないし、私の家族も、友人も、皆、明日どうなるか分からない。
今回の災害にあわれた方は、この日自分が大切な人が津波に飲み込まれてしまうなんて思ってもみなかったのでしょうし、、本当に壮絶な悲しみなのでしょう、、、
夜、眠る時に、時々想像することがあります、眠っている間に大きな地震がくるかもしれないと。
今、生きている間は、近しい人たちを大切に、幸せに、そして、自分のできることを探す人生の修行の旅だと思っています。
ゴールがいつ来るのか。
それまで、この時間を大切に過ごそうと思います、、
お互い、頑張りましょうねー
| saorin | 2011/06/21 3:50 PM |
コメントする